スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キリンビール横浜工場~試飲で何杯飲めるか!?~

みなさん、こんにちは。

いきなりですが、ビールは好きですか?

随分前の話ですが、2013年8月1日に

キリンビール横浜工場へ見学に行きました。

京浜急行線「生麦駅」より徒歩約10分のところに一際大きい施設がどど~んとあります!

DSCN5913.jpg

毎日かなりの回数で見学を受け付けているようで

受付の方も美人な方が多く大企業の見学という感じがしました。

見学の内容は、ビールってどうやって作ってんじゃ?から始まり

ホップの説明や麦芽の説明やらビデオやスタッフの説明で

かなり詳しく丁寧に教えてもらえます。

今回個人的に気になったのは、施設内の配管やタンクの綺麗さ・・・

ぱっと見る限りピッカピッカで錆は一つもありません。

高温なのか保温材を配管に巻いてますね。

DSCN5906.jpg

DSCN5903.jpg

ガス・石油のプラントでは通常ほとんどがCarbon steelですが、

食品プラントではおそらくほとんどがStainless steelだと思います(本当に?)。贅沢ですね。

食品自体が触れないところは炭素鋼でも問題ないかと思いますが、、、

それと食品工場でも勿論ポンプはありますが、下記が工場内のとあるポンプです。

DSCN5908.jpg

食品系のプラントの詳細はわかりませんが、

おそらくポンプのシール部は遺物混入や汚染につながるので

シールレスポンプを使っているのではないでしょうか?(詳しい方教えて下さい)

キャンドポンプ(これはたぶん無いかな)、モーノポンプ、マグネットポンプ(これが主流?)とかかな?

通常の石油・ガスでは普通のメカシールのポンプで問題ないですが。。。

まぁ、後は梱包などのベルトコンベアーなどは私が行ったときはたまたま

動いてなかったですが、こういうのはfull of sensorでこういうのを得意とする

メーカーさんがたくさんいるんでしょうね。そんなに新設の仕事はないかもしれませんが。

DSCN5910.jpg

私が気になったのはそれぐらいですかね。

見学後は一人3杯までビールを飲めるので無料の見学だとは思えないほど酔っぱらえます。笑。

見学はこちらのリンクよりどうぞ。
キリンビール横浜工場見学

今回の見学は100点満点中95点ぐらいですかね。
(説明者の方が美人でビールも3杯飲めましたが、
ベルトコンベアーが稼働していなかったので・・・)

ではではみなさん、また今度~。

おわり

====================================================
「見学基本情報」
アクセス:京浜急行線「生麦駅」より徒歩約10分
      JR京浜東北線「新子安駅」より徒歩約20分
見学料:無料
HP:キリンビール横浜工場HP
====================================================

※P.S. 最後まで記事を読んで頂き有難う御座います。
下記をクリックしていただき、ブログランキングへの応援をして頂けると幸いです。
にほんブログ村 旅行ブログ 工場見学・会社見学へ
にほんブログ村


工場見学情報をまとめた本も多数あるので是非参考にしてみて下さい^^

工場見学 社会科見学 首都圏 (工場ガイド)


 

関東大人のための工場見学&社会科見学


 

絶対楽しい! 親子で行けるおいしい工場見学


 

首都圏親子で楽しむ! 社会科見学とっておきスポット



コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。