スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奈良俣ダム~ダムの放流とは?ダムの魅力とは?~

みなさん、こんにちは!

今回は群馬県にある奈良俣ダムでの放流イベントに参加してきましたので

ダム放流とは?②ダムの魅力とは?に触れながら

丁寧に、やさしく、そしてマニアックに(笑)。。。ご紹介していきます\(゜ロ\)(/ロ゜)/
DSCF0980.jpg

前回の記事のアップから1か月ほどたってしまいましたが

今日の紹介する見学情報は。。。。。。。「ダム」です!
(ダムという響きだけを聞いて興奮しているあなたは真のエンジニア!?)

ところで最近皆さんダム行っていますか?(笑)

地元にダムとかがある人はダムという言葉を聞いて身近に感じる人も
いるのかとは思いますが全体を見ればあまり馴染み無いのが現実かと。。。

しか~し、ダムには色々種類があって我々の生活にも密接にかかわり重要なものなので
今日は是非ダムの魅力を紹介しよりたくさんの人がダムに見学に行ってもらえれば幸いです。

まず今回見学に行ったのは群馬県にある「奈良俣(ならまた)ダム」というダムで

たまたまその日は年に1度の放水イベントだったのでたくさんの人が見学に来ていました^^

放流が始まると。。。

DSCF0974.jpg
放流開始

DSCF0976.jpg
放流中1(ん?意外とちょろちょろ。。。)

DSCF0979.jpg
放流中2(ちょろちょろ。。。。)

・・・想像してたの(=大量の水が空中に飛び出す感じ)と違って結構ちょろちょろでした笑。
(こちらのHPにドローンで撮影した空撮の動画もありますので是非見てみて下さい♬
①ドローン空撮(正面)
②ドローン空撮(上空)
※どちらも「独立行政法人水資源機構 沼田総合管理所」の公式HPからの動画リンクを使用しています。
 他にもたくさんダムの写真や空撮動画などありますので是非立ち寄ってみて下さい^^
 水資源機構 沼田総合管理所の公式HPはこちら)

基本的には1年に数回にわたってダムの放流機器の動作確認のために

実施している"点検"ですがその放流量も半端なくインパクトもあるので

各地のダムでこのように一般見物客に公開し放流イベントを開催しているようです^^

放流の時はたくさん見物客が集まりますがダムそのものであればいつでも見学はできますよ^^
(+奈良俣ダムのとなりにある矢木沢ダムの放流の動画もどうぞ
矢木沢ダム放流の動画はこちら)
こちらは迫力が半端ないです!笑。

奈良俣ダムの近くに行くと。。。。こんな感じです^^
DSCF0984.jpg

DSCF0987.jpg

DSCF0992.jpg
遠くから見るのと違って近くでみると結構迫力ありますよ~。

奈良俣ダムは高さ158mのセンターコア型ロックフィルダムで

近くに行くとわかりますがその名の通り石が単純に敷き詰められて堤防(=堤体)が出来上がっています!
(※ダムの種類はダムマニア ダムの型式基礎で詳細が載っていますので是非勉強してみて下さい。
ようこそ奥深いダムの世界へ!笑)

なのでなんとこのゆる~~やからかな堤防を歩いて登って堤防の頂上まで行くことができます。

DSCF0999.jpg
ちなみに行っておきますが・・・・

DSCF1002.jpg
歩いて頂上まで行くのはかなりの体力がいるので・・・

DSCF1009.jpg
自分の体調と相談しながら・・・・

DSCF1012.jpg
行くか判断しましょう・・・・(はぁ、、、はぁ、、、、、笑)※当然車をお持ちの方は車でも頂上に行けます。

DSCF1027.jpg
かなり運動で汗かきますがでも頂上からの景色は絶景です^^

DSCF1018.jpg

DSCF1019.jpg
5月ぐらいに行きましたがまだ山に雪が残っていますね。

DSCF1030.jpg
頂上では先ほど放流を操作していた巨大なゲートバルブを見ることができます。

DSCF1033.jpg
日立造船はこういうものを扱っていると初めて知りました。
まぁ、あそこは(以前は)船作ってたのでこれくらいはできるのかと。

最後に勉強して終わりましょうか^^
そもそもダムの役割についてですが
①洪水調整(大雨などの急な河川の水量増加を抑えるため)
②灌漑用水(農作物などに必要な水の確保のため)
③上下水道用(皆さんの飲み水のため)
④工業用水用(工場で使用する水のため)
⑤発電(ご家庭で使用している電気のため)
など色々な重要な役割を持っており私たちの生活にはなくてはなりません。

特に最近はクリーンエネルギーとしても水力発電は注目されており
2016年4月からは電力自由化に伴いどんな電気を誰から買うかはみんなそれぞれ
自分で決めていく時代になります。自動的に東電から買う必要はありません。
原子力でも水力でも風力でもどれでも構いません。でも決めるのはあなたです。

とまぁ、固い話はこれぐらいにして、、とにかくみなさん時間がある際に
是非ダムの見学に気軽に行ってみてはいかがでしょうか?
きっとダムの大きさや仕組みや壮大さに感激すると思います。

お子様がいるご家庭などは非常に重要な知識を子供たちに
提供できる場だと信じています^^(しかも親にとっては見学料はタダですし。。。笑)

では今日はこの辺にしておきます。
次回の更新をお楽しみに♪♪

おわり
====================================================
「見学基本情報」
【アクセス】:
(電車の場合)
上野駅→上越線(約2時間20分)→水上駅→車(24km/約40分)→奈良俣ダム
東京駅→上越新幹線(約1時間20分)→上毛高原駅→車(34km/約60分)→奈良俣ダム
(自動車の場合)
関越練馬インター→関越自動車道(141km/約1時間40分)→水上インター→一般道(29km/約45分)→奈良俣ダム
【見学料】:もちろんタダ(思い出はPriceless)
【HP】: 水資源機構 沼田総合管理所の公式HPはこちら
====================================================

※P.S. 最後まで記事を読んで頂き有難う御座います。
下記をクリックしていただき、ブログランキングへの応援をして頂けると幸いです。
にほんブログ村 旅行ブログ 工場見学・会社見学へ
にほんブログ村


工場見学情報をまとめた本も多数あるので是非参考にしてみて下さい^^

工場見学 社会科見学 首都圏 (工場ガイド)


 

関東大人のための工場見学&社会科見学


 

絶対楽しい! 親子で行けるおいしい工場見学


 

首都圏親子で楽しむ! 社会科見学とっておきスポット


コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。