スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

横浜磯子火力発電所~初めての火力発電所見学~

みなさん、こんにちは~!!

最近見学関連で他の方のブログも見始めたのですが

結構見学ネタで出てくる単語が「プラント萌え」。

見学→工場・施設→プラント→プラント萌え?の連想なのでしょうか?(@_@;)

まぁ、どんな形であれ皆さんがプラントなどの産業用施設に興味を持ってくれれば

私は嬉しんですがね笑。\(゜ロ\)(/ロ゜)/

では今回は先日行ってきた横浜磯子火力発電所の見学について紹介したいと思います~。

IMG_3410.jpg

そもそも横浜磯子火力発電所はみなさんどこにあるかご存知でしょうか?

横浜駅から根岸線利用で10分ほど行ったところにある磯子駅から

バスで20分くらいの所にあります。海の近くですね~。

磯子火力発電所は東京湾内では唯一の石炭を利用した火力発電所であり、

「石炭?煙突からモクモク煙がすごいんじゃない?ちょっと古くない?」

と思う方も多々いるかと思いますが、磯子発電所に関しては全くの誤解です。

実はこの発電所は日本の最先端の技術を結集した(おそらく)世界で最も洗練された

石炭火力発電所であり発電効率はおどろきの45%を誇り、さらに排出されたガスは

脱硝(脱Nox)・脱硫(脱Sox)し、ばいじんも電気式吸着装置で極限まで回収しています。

※通常の石炭火力発電所であれば発電効率は30%程度ぐらいです。
後進国では石炭が安いため石炭火力を多く導入していますが
技術が遅れているため20%代の効率かつ排ガス処理無しでどんどの発電しており
これが地球温暖化の大きな原因の一つと考えられます。

ですのでこれが排ガスを大気に放出する煙突ですが
IMG_3424.jpg
煙突の先を見ても何も見えません。汚いものは全て回収しているからです。

回収した硫黄成分は硫酸に、窒素成分は肥料に、ばいじんはコンクリート原料になど使われます。
IMG_3409.jpg
(右から2番目が肥料ですね)

その日は会社区分で大勢で訪問しましたので団体向けの見学コースであり
(おそらく磯子発電所は団体見学しか受け付けてないと思います。個人での参加はおそらく難しいかな。)
 
いつもの見学通り発電所の概要を講義室の中でまず資料を使って説明してもらい

そのあとに実際の発電所の中を歩いて見学しました。

発電所の規模としては1系列600MWが2系列、600MW x 2 = 計1200MWで

THE発電所と言わんばかりの規模で私は到底このクラスの発電所の設計に携わったことは

ありません。。。(@_@;)

下記は発電タービンの模型ですが
左から高圧・中圧・定圧タービンとなり、一番右が発電機です。
IMG_3413.jpg

蒸気タービンの概要はこんな感じです。
IMG_3418.jpg
蒸気条件は超々臨界圧で25MPa, 600℃です\(゜ロ\)(/ロ゜)/ 業界の人は興奮してしまう数字・・・笑。

わかりやすく言うと ”高い温度と高い圧力の蒸気を利用して非常に多くの電気を効率よく発電している” わけですね。

これが実際の蒸気タービンと発電機ですね。
IMG_3415.jpg
めっちゃでか!とびっくりしました。蒸気タービンは2系列あり、シーメンスと日立が納入したそうです。

これは定圧タービンの中のブレードです。
IMG_3419.jpg
なんとこの一本で高級車1台分くらいします\(゜ロ\)(/ロ゜)/

定圧タービンの中にはこのブレードがおそらく数百枚あり、

定期点検のたびに問題のあるブレードは交換します(おそらくこの時が最もタービンメーカーが儲ける瞬間です(@_@)?笑)

これは中央制御室の写真ですね。これだけでかい発電所でも基本的に1系列を2人で運転しているそうです!
IMG_3422.jpg
まるでゲームみたいですね笑い。

おそらく発電所は何より安定して皆さんに電気を届けることが重要なので

プラントもほとんど全自動になっているんじゃないですかね。

施設の屋上からは周りが非常にきれいに見えましたね~この日は快晴でラッキーでした。

お隣さんは東京電力は発電所ですね。
IMG_3428.jpg

原油タンカーも見えました(*^_^*)
IMG_3426.jpg

という感じで終始私は興奮しながら所内を見学しましたが、

振り返ると元々私は発電所に就職希望だったことを思い出しました。

ただし今の就職先のプラント会社でも発電事業部はあり

案件が少ないのと規模が小さいですが発電業界の知識をつけるチャンスは少なからずあります。

いつか今の会社で知識を十分につけて大きな発電プラントの設計に携わってみたいものです。

そして最後にいつもの見学満足度のコーナー。

今回の見学は100点満点中・・・・・・・・・・・・・・120点です!!!
(発電所が見られて単純に幸せでした笑)

ではではみなさん、また今度!

おわり

====================================================
「見学基本情報」
アクセス:JR根岸線「磯子駅」からバス10分程度
市営バス85系統(下水処理場前行)乗車、「ジェイパワー前」下車(220円/人)
見学料:無料
HP:磯子火力発電所HP
※上記のリンクより各種イベントやアクセスなどの詳細が確認できます。
====================================================

※P.S. 最後まで記事を読んで頂き有難う御座います。
下記をクリックしていただき、ブログランキングへの応援をして頂けると幸いです。
にほんブログ村 旅行ブログ 工場見学・会社見学へ
にほんブログ村


工場見学情報をまとめた本も多数あるので是非参考にしてみて下さい^^

工場見学 社会科見学 首都圏 (工場ガイド)


 

関東大人のための工場見学&社会科見学


 

絶対楽しい! 親子で行けるおいしい工場見学


 

首都圏親子で楽しむ! 社会科見学とっておきスポット



コメント

非公開コメント

人数

興味深く読ませていただきました。ありがとうございます。さて磯子なのですが見学人数10名とかいてあるのですが、何人かお仲間さんと行かれたのですか?

Re: 人数

2016-07-12 09:22 に本記事にコメント頂いた匿名さんへ、

返信が遅くなってしまいましたが、
磯子発電所に行った際は会社の団体として訪問しました。
ただ見学の案内の人に聞く限り会社等の大きな団体だけでなく
ご家族または友人同士の少人数グループにも対応して頂けるみたいなので
まずは連絡を取ってみるのが良いかと思います。ご参考までに^^

出力が一桁違うのでは

Re: あ

コメントありがとうございます。
出力は1号機60万kw, 2号機60万kw, 計120万kwです。1000kw=1MW, 1万kw=10MW, 10万kw=100MWですので、磯子発電所は600MWx2=1200MWですねv(^_^v)♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。